ソーラーパネルシステム導入の「もと」は取れるの?

ソーラーパネルシステムの普及を後押ししたものとして、2012年7月に導入された「固定価格買取制度」があります。ある資料によると、日本での導入が劇的に進んだのは、その時期以降となっています。やはり、余った電力を固定価格で買い取ってもらえることがわかると、安心して導入できますね。

しかし、その後は、毎年のように買取価格も下がってきているため、このままの状態が続くと、先行きが不安になります。また、ソーラーパネルシステムは、導入のために100万円以上の資金が掛かることも多く、「もと」が取れるまでには10年掛かるともいわれています。しかも、メンテナンスなども必要になってくるのです。

ソーラーパネルシステムを導入することにより、余った電力を買い取ってもらうことができます。そして、発電が期待できない時間帯などに、電力会社から供給を受けた電気代を差し引くと、プラスになることが期待できます。

しかし、あくまでもシミュレーションに過ぎませんので、プラス面ばかり期待しないで、マイナス面も視野に入れたうえで、トータルで考えることをお勧めします。http://www.timetowerlv.com/