「失恋」を機に毛を下回る人物はいるけれど・・・

高校生時代に用心になった科目担任の師範(おばさん)は
かなりの早道でした。
師範いわく、失恋のたびに毛髪が少なくなったそうですが
断然、「失恋」を機に毛髪を下回る奴はいるのだと感じたやつコマだ。

けど、毛髪を下回る機会は、果てしなく肝ったまが必要です。
最も、最初にハサミを入れるときは、たまたま作戦が揺れるぐらいだ。

そうして、フロアに落ちた「自分の分身」をみて
もう一度後戻りはできないと観念するのですが
そのときの気持ちは、なんともいえないものがあります。

ところで、「毛髪脈絡」で「ムダ毛」が見なし浮かびますが
どうしても、失恋を機にバイバイを決意する奴もいるようです。

ムダ毛の人間は、むしろ、利便を簡素化するためにも
バイバイ限るかもしれません。
また、失恋をイメージチェンジのチャンスにすることで
前文を向いて歩み始めるための味方にもなりますね。

私も、イメージチェンジ狙う気持ちになることがありますが
さすがにカテゴリーのことを考えると・・・
いえいえ「依然として大丈夫!」といった、かすかな念願を抱いてある。身長を伸ばすサプリなんてあるの?